「電気椅子」|専門店だから出来る高額買取。ウォーホルの作品はどこよりも強化買取させて頂きます。

「電気椅子」

ウォーホル

ウォーホル 電気椅子|レゾネ:#74-83

●作品名:「電気椅子」
・製作:1971年
・技法:シルクスクリーン
・買取時期:2013年12月
ウォーホルが死刑執行用の椅子を初めて作品のモチーフとして使ったのは、1963年。
当時、死刑執行がいわば時局的問題として人々の注目を集めており、死に思いを巡らす画家ウォーホルの関心を大いに惹いたものだと思われる。
ウォーホルは、「静粛に」とサインの掲出された大きな部屋に、処刑用の器物だけが置かれた写真を用いて作品を生みだした。
《死と惨事》という有名なシリーズの1作品であり、ウォーホルの作品の中でも美術的評価が高いシリーズ。ウォーホルは、日常に潜む闇を作品に取り入れていったと言われている。

ウォーホル 作品の売却をご検討のお客様へ

ウォーホルのシルクスクリーンは市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。ウォーホル「電気椅子」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

ウォーホルの作品価値と買取相場

「電気椅子」の作者としても有名で、ポップ・アーティストの中で最も人気の高いのがアンディ・ウォーホルです。コカコーラ、キャンベルスープ、エルビス・プレスリー、マリリン・モンローなど、⺠衆にとって⾝近なものを題材とし、シルクスクリーンの技法を⽤いて描いた作品群が有名です。
廉価なポスターや各種グッズが市中に流通しているため、極めて⾝近な作家という印象がありますが、その⼀⽅で部数が限定された作品は、業界内でも⾼額で取引きされています。
スーパーマンやミッキーマウスなどをモチーフにした神話シリーズも⼈気が⾼く、アート買取協会では多くの作品が⾼額買取対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法